ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

僕がマイレージ生活を始めた理由

160521 僕がマイレージ生活を始めた理由

はじめまして,ルールと申します。

4月から,大阪にてマイレージ生活を始めることにしました。僕の生活がどう変わっていくのか,ここで紹介していきたいと思っていますので,一緒に楽しんでもらえたら嬉しいです。

 

さて,第1回目の今回は,「どうして僕がマイレージ生活を始めようと思ったか」についてお話したいと思います。

 

飛行機に乗る機会

元々僕は里帰りや旅行のときに飛行機を使う程度でした。

皆さんも飛行機乗ったときに聞いたことあると思うんですが,搭乗の際に「スターアライアンスダイヤモンドメンバーのお客様~」みたいなアナウンスとともに優先搭乗されるじゃないですか。

あれって…

 

 いいですよねー!かっこいいですよね-!

 

で当時軽く調べたんですが,とにかく飛行機にたくさん乗らないといけないということがわかったので,別世界の話なんだなといったん諦めたわけです。

ANAでもJALでも,飛行機に搭乗した実績に応じて,上級ステイタス会員というのが設定されています。その優遇っぷりはその名に恥じない素晴らしいものばかりですが,その分条件も厳しいものになっています。

ANAの場合,

160521 ANA上級会員資格条件

 こんな感じで,本格的に上級ステイタスを味わえるプラチナ会員になるためには,年間50,000プレミアムポイントを獲得する必要があります。何も知らない人はこの時点で「あ,じゃあ関係ねーわ」ってページ消しちゃいますよね。

 

環境の変化

ここ1年くらい,月1ペースで海外へ出張する機会が出てきました。僕の場合,出張先はタイか台湾なので,関空からの出発になります。飛行機に乗る機会が増えてくると見えてくるわけですよ。上級会員のすごさってやつが。見せつけられちゃうわけですよ。

 

平会員の僕は,まずエコノミークラスのカウンターで並ぶことから始まります。

国際線では国内線と違ってSkipサービスはあんまり時間短縮にならない印象です。オンラインチェックインはできるようですが,結局スーツケース預けるために並ぶし。

ようやくカウンターでの手続きを終えると,手荷物保安検査でまた並びます。イミグレで更に並びます(行きは自動化ゲートで一瞬ですが,問題は帰りですね)。

 2時間前にカウンターに並んで,イミグレを抜けた頃にはもう搭乗時刻直前…なーんてのが,何度もあります。特に帰国便の海外空港では。

これじゃあ疲れちゃいますよねー。ゆっくりしたいなー,ラウンジ入りたいなー,って思っちゃうわけですよ。

上級ステイタス会員のメリットをざっくり言うと,専用のカウンターでチェックインできて,専用の手荷物検査レーンを通ることができて,浮いた時間はANAラウンジで過ごせちゃうというものです。

どうにかして上級ステイタス会員になれないのかな?って本気で思ったわけですよ。上級ステイタス会員というのは通常1年限りの限定的な資格で,維持するためには毎年50,000プレミアムポイント貯め続けなければなりません。

ところがANAの場合,プラチナ会員以上になると,スーパーフライヤーズカード(SFC)を発行できるようになるんです。SFCホルダーは,カードを解約しない限り上級会員資格を維持できてしまうんです。魔法のカードです。サリーです。SFCのSはサリーのSかもしれません。ごめんなさい,そんなわけないです。

つまり,たった一度どうにかこうにかプラチナ会員になることさえできれば,SFCホルダーになって,永久に上級会員資格を持てるってことです。あとはどうやってそのプラチナ会員になるかということなんですが,そんなうまい話が…

 

飛行機乗らずに年間216,000マイル!?

あったんですよ!出会っちゃったんですよ,「陸マイラー」という言葉に。

飛行機に乗らなくても,案件をこなすだけで誰でもマイルを獲得できちゃう。そんな夢のような話が現実にあるんです!!

別世界のお話だと思っていた上級会員が,手の届くところにあることに気づきました。手が届くんだったら伸ばしてみようじゃないかっ!

 

これが,僕がマイレージ生活を始めようと思った理由です。

最初の目標は,「今年中にSFC会員になること」です。

 

おすすめ記事

日々,目標達成に向けて頑張っています。