ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

タイってどんな国?タイ旅行前の基本知識

160526 タイってどんな国?タイ旅行前の基本知識

どーも,ルールです。

この8ヶ月で7回タイへ出張しています。僕の場合,突然出張が決まることが多く,出発3日前にちょっと行ってきてーなんて言われることもあります。

日程はタイトで,関空発の深夜便で出発→早朝にスワンナプーム空港到着→そのまま夕方まで仕事。翌日昼の便で帰国,ひどいときには仕事後の深夜便で帰国なんてこともあります。エコノミークラスなので機内泊で寝ても全然疲れがとれないんですよね。

そんなわけであまり観光らしい観光もできていないんですが,空いた時間にふらふらと散歩したり,マッサージに行ったりしています。

最初はそんな好きでもなかったんですけど,訪れるたびに好きになっていってます。なんか不思議な魅力があるんですよねー。

僕からみたタイってどんなところか,今日はそんなお話。

 

タイ基本情報

160526 タイの地図

タイの国土面積は514,000㎢(日本の約1.4倍),人口は6600万人です。このうち首都バンコクには830万人が住んでおり,日本人も3万人暮らしています。

王様が国を治める立憲君主制となっており,街の至る所にどの広告よりも目立つ王様の看板があります。何度か訪れると誰でも王様の顔を覚えちゃうんじゃないでしょうか。

1年を通して暑く,平均気温は29℃。3~5月は暑季で,最も暑い4月にはソンクランと呼ばれる水かけ祭りがあります。6〜10月は雨季で,毎日のようにスコールが降ります。

ちなみに僕が撮ったスコールの動画はこちら。いい感じの画面サイズでアップロードする方法がわかんなくて小さいです,ごめんなさい。

 

 スコールの雰囲気はわかってもらえますかね?こんなんでも1~2時間でピタっと止みます。また,11月~2月は乾季で,気温も若干低くなってきます。といっても暑いことには変わりないのですが,朝晩は20℃くらいになるので,1枚羽織れるものがあるといいです。

公用語はタイ語で,ホテルや街中のレストランでは英語も通じます。タイ人の英語は単語が繋がって聞こえるので正直わかりづらい。タイ人と仕事してるときに,タイ語だと思って聞き流してたら実は英語だった,みたいなことが多々あります笑。

 

簡単タイ語講座

さてここで,いきなり簡単タイ語講座。

・サワディーカップ(女性はサワディーカァー)…万能な挨拶(おはよう,こんにちは,こんばんは)

・コップンカップ(女性はコップンカァー)…ありがとう

・ マイペンライ…問題ないよ,なんとなるよ,OKなどなど。まさにタイ人の性格がよく表れている素敵な言葉ですね。

・シュンケゥ!…乾杯!

・「マイ」+○○,○○+「マイ」…タイ語では,単語の前に「マイ」をつけると否定形,単語の後ろに「マイ」をつけると疑問形になります。ジェップ(痛い)を例にとると,マイジェップなら「痛くないよ」だし,ジェップマイなら「痛い?」になります。

僕もほんの少ししかタイ語わかんないですけど,現地では上記をバンバン使います。皆さんも躊躇せずにどんどんタイ語で話してみましょう。

タイ語をほんの少しでも話すと,彼らはとても喜んでくれると僕的には感じてます。一緒に飲んでるときなんかは,シュンケゥ!(乾杯!)だけで鉄板の爆笑とれるレベルですよ。

 

微笑みの国!タイ人はいつもニコニコ。

熱帯気候のせいでしょうか?タイ人は基本とても穏やかな気性で,いつもニコニコしています。僕は彼らの性格大好き。

サワディーカップ(サワディーカァー)って挨拶したら,みんな笑顔で挨拶を返してくれますよ!

タイ人は汗かきたくないんでのんびり歩きます。エスカレーターを歩いて登る人は誰もいないし,走るなんてあり得ない。

「細けぇこたぁいいんだよ,適当でなんとかなるよー」って思ってるのがビシビシ伝わってきます。なんかこっちもいい感じに肩の力が抜けてくるんです。仕事では逆にイライラさせられますけど笑。マイペンライ!マイペンライ!みたいなね。

 

 両替は現地でやるべし!

通貨はバーツです。為替相場によりますが,だいたい1バーツ=3.5円くらい。

海外行くときに両替問題は気になるとこだと思います。タイに関していえば,バーツ両替は,現地のほうが圧倒的にレートいいですよ。ただしスワンナプーム空港の到着エリア周辺はダメ。日本と変わんないレートです。

税関通って制限エリアを出たら,そのままバンコク市内方面行き電車の駅に向かってください。駅近くに2店舗くらいありますんで。

もしくはバンコク市内で両替してもいいですね。タイでは,空港の特定エリアを除いて,同系列店舗はすべて同じレートを適用しているようです。

僕はバンコク市内であれば,Asok駅のSuperRichをよく利用します。日曜でも開いているので便利なんですよ。滞在ホテルから徒歩で行けますしね。

 

実際にSuperRichを利用したときの様子を書いてみました。

 

 まるで日本。過ごしやすいバンコク市内

バンコクは日本人にとって過ごしやすい街だと思います。街を歩けば,日本語で書かれたお店の看板をよく見かけます。一瞬ココって日本?って錯覚するレベル。

値段は少し高いですが,日本食の食べられるレストランも数多くあります。味は日本人が食べても全く違和感ないです。日本より美味いと感じる店さえありますから。僕は正直タイ料理って苦手なんですが,バンコクだったら生きていける気がしてます。

治安は他の国と比べてかなり良いほうだと思います。もちろん日本より良い国なんてほぼないと思いますが。夜外を出歩いても危険を感じたことはないですよ。僕が鈍いだけという説もありますが…ね笑。

 

激安のタイマッサージ

皆さんタイといえばマッサージのイメージありません?そのイメージどおり,どこに行ってもマッサージ屋だらけ。たぶんコンビニの数より多いと思います。

値段は2時間2,000円前後と激安です。バンコク市内ならワットポーというお店が一番有名ですね。マッサージ学校がやっているお店で,腕は確かです。

僕はタイ滞在中,毎日のようにマッサージ通います。とっても気持ち良いので,タイへ行った際は是非体験してくださいね。

 

タイの魅力,少しは皆さんに伝えることができたでしょうか。もしも行ってみたいなぁって思ってくれたなら嬉しいです。

興味を持ってくれた方は,まず下の記事を読んで,マイル貯めて是非一度行ってみてください。

 

おすすめ記事