ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

マイレージ生活のゴールとは!?

160602 マイレージ生活のゴールとは!?

どーも,ルールです。

何かを続けるうえで,目標って大事ですよね。たとえば,今僕はマイル獲得のためにポイントサイトを利用しているわけですが,当然ゴールはマイル獲得じゃないです。

もちろん日に日に貯まっていくマイルをANAのサイトでニヤニヤ眺めるのも悪くないんですが,それだけだとただの変なおっさんです笑。RPGで言うなら,ラスボス手前でひたすらレベル上げだけやって満足してやめるみたいな。ストーリーはどうした?みたいなね。

飽き性の僕が,年単位での長い長いマイレージ生活を送ろうとしてるわけですから,目標を見失ってはいけません。そうでないと,すーぐ飽きちゃいますから。

じゃあマイル貯めてどこ行こう!?っていうお話です。

 

 今年の目標はSFCで決まり

今年の目標は既にこのブログに書いたとおり,SFCホルダーになることです。まずは海外への出張でも旅行でも,行き帰りを快適に過ごせるようになっておきたいという思いがあります。

なので,最初のうち獲得したマイルは,SKYコインに替えて国内修行で消えていく予定。晴れてSFCホルダーになれたら,いろんな国に行ってみたいなぁと思ってます。

 ではここからは僕が行きたい国を挙げていきます。

ザ・夢の国!WDW,オーランド。

数年前,初めて行った東京ディズニーリゾートですっかりハマっちゃいまして。

どうしても並びたくなくて,バケーションパッケージで優雅に行ったことが良かった。お金はかかったけどおかげでほぼ並ぶことはなく,アンバサダーホテルでもパークでもキャスト対応が素晴らしく,その価値はあったと思います。

ディズニー好きであれば,やはり本家のWDWことウォールト・ディズニー・ワールドリゾートにも一度行きたいですよね!

ただオーランドは乗り継ぎが大変なんですよねー。大阪からANAで行こうとすると,伊丹→成田ー(ANA)→アメリカ主要都市ー(UA)→オーランドというルートになります。

特典航空券を確保するときに,日本国内線かアメリカ国内線は,別でとらないといけないかもなーって考えてます。ストレートでとれたら夫婦でビジネスクラス18万マイル,日本国内線が別枠ならレギュラーシーズンでプラス3万マイルで計21万マイルです。

F1の聖地!モナコ

160602 F1の聖地モナコ

僕ら夫婦ともF1が好きなので,ここは一生のうちに訪れたいと思っています。もちろんF1が開催されている期間に。市街地コースで道幅は狭く,まったくといっていいほど追い抜きのできないコースです。が!それがいいんですよねー。

普通の公道をF1マシンが走っているようなもんですから,普段サーキットで観るのとはまた全然違うわけです。

モナコはセレブの街としても有名ですね。街中には普通に高級車が溢れているとか。そんなモナコのF1チケットは,セレブ価格なのか他コースの倍近くします。それでもいつかは行ってみたいです。

そんなモナコへのルートは,伊丹→羽田ー(ANA)→フランクフルトー(LHA)→ニースみたいな感じ。これも乗り継ぎが多いので,特典航空券の確保には苦労するかもしれませんね。ストレートでとれたら夫婦でビジネスクラス19万マイル,日本国内線が別枠ならレギュラーシーズンでプラス3万マイルで計22万マイルです。

 欧州サッカー観戦!バルセロナ。ドルトムント。

160602 バルセロナのカンプノウ

サッカー観戦も好きなんですよ。特に近年は,多くの日本人選手がヨーロッパのクラブで活躍してますよね。香川選手の所属するドルトムントは,サポーターが世界一と称されていて,スタジアムの雰囲気もすごいらしいです。平均観客動員数も世界一なんだとか。なんとか香川選手がいる間に観戦できたらいいな。

実はバルセロナには新婚旅行で行っていて,FCバルセロナのホームスタジアムであるカンプノウにも行ってるんです。ただその主目的はF1のスペインGP観戦だったので,残念ながら滞在中にカンプノウの試合はありませんでした。ミュージアムだけ見学しましたが,正直かなり興奮しました!今度は是非試合を観たいです。

ドルトムントへのルートは伊丹→羽田ー(ANA)→フランクフルト→鉄道,バルセロナへのルートは伊丹→成田ー(ANA)→ヨーロッパ大都市→バルセロナで,どちらも夫婦でビジネスクラス19万マイルです。

 天国に一番近い島!ニューカレドニア

160602 天国に一番近い島ニューカレドニア

ニューカレドニアが天国に一番近い島と呼ばれるようになったのは,森村桂さんの同名小説がきっかけなんだそうです。

僕はさっきまでそんなこと知りませんでしたが,7年ほど前にそのキャッチフレーズを聞いて以来,その響きが今でも残っています。そんなわけでとにかく行ってみたい場所なんです。

 

他にもたくさんの国があって,それこそテレビでしか見たことない,本当に存在してるんだかわからん場所がたくさんあるわけです。それを少しでもこの目で見られたらなぁと思います。

 

おすすめ記事