読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

座席のアップグレードってどうやるの?

飛行機 飛行機-お役立ち情報

160609 座席のアップグレードってどうやるの?

どーも,ルールです。

昔から飛行機ってプレミアな乗り物という印象があるんです。ちょっとした贅沢というか,特別なときにしか乗れないみたいな。オシャレな場所に行くときに子供の頃着させられたヨソ行きの服のような感じ。

2000年の航空運賃自由化以来,ANAやJALの運賃は安くなり,最近ではLCC(格安航空会社)も台頭してきました。僕が社会人になったことも大きいと思うけど,昔と比べて飛行機に乗るということが身近になってきました。にもかかわらず,やっぱり今でもプレミアな乗り物という印象は変わらなくて,空港に着いたときは気持ちが高揚してなんともいえない心地良さを感じます。

ただ乗るだけでもテンション上がっちゃうわけですから,ビジネスクラスに乗れる日にゃ前日はまさに明日遠足行く子供状態ですよ。リュックに入れたおやつを一旦取り出して再確認したりね笑。

僕は過去3回ビジネスクラスに乗りましたが,いずれも最高の体験で大満足でした。マイレージ生活で多くのANAマイルが貯まったら,ビジネスクラスやもしかしたらファーストクラスにも…考えただけでワクワクが止まりませんね!

ただ一方で,海外出張のときは会社が飛行機を予約(もちろんエコノミー)するので,その時点ではいくらマイルを持っていても自分の思うとおりには予約できないわけです。このもどかしさをなんとかしたい!

そうか,もしもビジネスクラスに乗りたくなったらアップグレードすればいいじゃん!あれ?でもアップグレードってどうやったらいいんだ?今日はそんなお話です。

 

国内線アップグレードの方法は2種類

160609 国内線のアップグレード

飛行機の搭乗クラスは,国内線と国際線で異なります。国際線はエコノミークラス,プレミアムエコノミークラス,ビジネスクラス,ファーストクラスの最大4種類ありますが,ANAの国内線は普通席とプレミアムクラスの最大2種類しかありません。

そんな国内線でのアップグレード方法は2つ。1つは上級会員限定ですが,後述するアップグレードポイントを使う方法。もう1つは誰でも可能で,当日9,000円(税込)追加で支払う方法です。

当日9,000円でプレミアムクラスへ

ANAでは,普通席を予約している人なら誰でも,当日プレミアムクラスへのアップグレードを申請することができます。

普通席であればどの運賃タイプであっても権利があるので,旅割75や宿泊パックでも全然オッケー。チェックインカウンターで「アップグレードしたい」と申し出るだけです。プレミアムチェックインカウンターは,通常は上級会員とプレミアムクラス搭乗者しか利用できないカウンターですが,アップグレード希望の場合は普通席予約の方でも利用できます。

アップグレード申請をした時点で空席がある場合は,カードか現金で9,000円支払ってその場でアップグレード完了です。もしも満席の場合は,空席待ちとなります。空席待ちでは,下記のとおり優先順位というのが決められています。

160609 ANA空席待ち優先順位

ご覧のとおり,上級会員であるダイヤモンドメンバー・プラチナメンバーの優先順位が高くなります。しかもこの空席待ちの場合,空席ができたらその瞬間アップグレードされるわけじゃないんです。空席待ちしている人に座席が割り当てられるのは,出発時刻の15分前から。それまでは,プレミアムクラスに何席空きが出ようが,アップグレードは成立しないんです。つまり,このままでは,15分前までに種別Sや種別Aの上級会員が空席待ちをしてしまうと,自分はどんどん優先順位が下がってしまいアップグレードできなくなってしまいます。

そこで,どうせ15分前までは座席を確保できないんですから,あえて空席待ちしないという選択をしましょう。前述のとおり,アップグレードを申請した時点で空席があれば即座にアップグレードが完了します。このシステムを逆手にとり,スマホでずっと空席情報を確認して,空席ができた瞬間アップグレードを申請するんです。こうすれば,空席がある限り,必ずアップグレードは成功します。晴れてプレミアムクラスへアップグレードされると,マイルとプレミアムポイント(PP)が元々の加算率から+50%になります。

 

国際線アップグレード方法は3種類

160609 国際線のアップグレード

①当日アップグレード 付加運賃

 エコノミークラスが満席(オーバーブッキング)の場合に限り,ANAではエコノミークラスの乗客を対象に,オトクな当日アップグレード付加運賃でビジネスクラスへアップグレードが可能です。通常よりもかなり割安でビジネスクラスにアップグレードできます。ただしマイルとPPの加算率は,エコノミークラス扱いになります(ANAに確認済)。発生条件が限られているので,なかなかこのような場面には遭遇できないかもしれませんね。

・当日アップグレード付加運賃一覧
 日本発日本着
北米,欧州 ¥50,000 450米ドル
290英ポンド
など
オーストラリア ¥50,000
540豪ドル
 
東南アジア ¥30,000 10,000タイバーツ
18,000インドルピー
など
台湾,韓国
フィリピン
¥15,000
4,700台湾ドル
6,600フィリピンペソ
 
中国(含香港) ¥25,000
1,700中国元
 

②マイル利用

国際線の場合は,貯まっているマイルを使ってアップグレードすることができます。ただし予約クラスが限定されており,そもそもマイルでとった特典航空券は対象外です。アップグレードは1段階のみで,エコノミー→ファーストと2段階アップグレードはできません。なお,マイルを利用してアップグレードしても,獲得マイルとPPはアップグレード前の加算率のままです。申込は搭乗日の355日前から24時間前まで可能です。

・ANA運航便のアップグレード必要マイル数(片道)
 エコノミー
→ビジネス
(片道)
エコノミー
→ビジネス
(片道)
対象予約クラスY/E/B/M/UJ/C/D/Z




0~2,000 12,000 20,000
2,001~3,500 18,000 30,000
3,501~4,500 20,000 35,000
4,501~5,500 25,000 40,000
5,501~ 28,000 45,000
・スターアライアンス便のアップグレード必要マイル数(片道)
 エコノミー
→ビジネス
(片道)
エコノミー
→ビジネス
(片道)
対象予約クラスY/BC/D




0~2,000 12,000 20,000
2,001~2,500 18,000 30,000
2,501~3,000 22,000 35,000
3,001~3,500 24,000 40,000
3,501~4,000 26,000 45,000
4,001~4,500 28,000 45,000
4,501~5,000 30,000 50,000
5,001~5,500 32,000 50,000
5,501~7,000 34,000 50,000
7,001~9,000 36,000 55,000
9,001~10,000 38,000 55,000
10,001~ 40,000 60,000

マイルによるアップグレードはANA運航便だけでなく,スターアライアンス便でも利用できます。必要マイル数はANA運航便より多いですが,他社運航便によく乗る方にとってはありがたいですよね。アップグレード対象となる予約クラスは,ANA運航便の場合は,エコノミークラスがY/E/B/M/U/G,ビジネスクラスがJ/C/D/Zとなっています。

一方スターアライアンス便の場合は,エコノミークラスがY/B,ビジネスクラスがC/Dクラスです。これは非常に高い運賃なので,適用できる場合が限られてしまうと思います。なお,対象予約クラスは,航空会社によって若干差がありますので公式HPでご確認ください。

ちなみに,さっきから出てくるアルファベット1文字の予約クラスって何?って思った方は,こちらの記事も参考にしてください。


 ③アップグレードポイント

 アップグレードポイントは,上級会員にのみ毎年プレゼントされるポイントです。前年度のプレミアムポイント獲得実績に応じてプレゼントされるもので,このポイントを使ってアップグレードが可能です。ただし,対象予約クラスは②と同じに設定されています。

アップグレードポイントには,アップグレードするだけではなく,他にも使い道があります。そのあたりを下記にまとめましたので,詳細はこちらをご覧ください。

 

まとめ

国内線に関しては,当日9,000円を支払えばアップグレードが可能です。その際,空席待ちはせずに,空席ができた瞬間に窓口でアップグレードを申請する方法が,最も成功率が高くなるはずです。

一方国際線の場合,いくつかの方法がありますが制約も大きいです。①はそもそもオーバーブッキングが起こらないとできませんし,③は上級会員にしかできません。ってことは,最も可能性が高いのは②ですね。対象の予約クラスの航空券を持っていれば,マイルを使ってアップグレードすることが可能です。

え?そもそもマイルをそんなに持ってない?実は僕,毎月夫婦で36,000マイル貯めているんです。そんなうまい話が…あるんですよ。下の記事でそのノウハウを紹介していますので,まずは読んでみてください。

ANAマイルを年20万マイル以上貯める方法

また,ANAマイルを貯めることができると,上級会員になることだってできるんです。事実僕は,ほとんど無料で上級会員になることができ,上級会員だけが所持できるスーパーフライヤーズカード(SFC)を発行しました。専用のチェックインカウンターや保安検査レーン,ANAラウンジ,手荷物優先タグなど,SFCの魅力については下記記事をご覧ください。

 

おすすめ記事