ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

旅が待ちきれなくなるスーツケースの選び方

160702 あなたの旅の相棒(スーツケース)を見つけましょう

どーも,ルールです。

旅行,特に海外へ行くときにはスーツケースは欠かせませんよね。家を出てから帰り着くまで,時には邪魔だなーと思いながらも,ずーっと一緒に行動してくれる相棒です。それだけにスーツケースにはこだわりたいものです。

僕はチェックインカウンターで荷物を預け入れするときと,ホテルへチェックインして部屋に荷物を置いた瞬間がなんか好きなんですよ。うまく説明できないんですが,なんかチェックポイントを1つ通過したような感覚になるんです。

旅をこなしていってるような気がして嬉しくなっちゃうんですよね。まあ,ただ重い荷物から開放されるっていうのもあるのかもしれませんけど笑。

今日は僕がどうやって自分のスーツケースを選んだかを紹介します。

 

スーツケースを買おうと思ったきっかけ

僕が今のスーツケースを購入したのは2013年のことでした。2012年に海外へ旅行したんですが,そのときは大きなスーツケースなんて持ってなかったので,RIMOWAをレンタルしたんですよ。

普段使っていた小さなスーツケース(たぶんイオンで10,000円くらいだったような)とのあまりの使い心地の差に,すっかり魅了されてしまいました。こりゃ,ちゃんとしたスーツケースを買わないかんなと。ということで自分の納得のいくスーツケース探しが始まったわけです。

スーツケースの選び方

僕が今のスーツケースに求めたものは以下の3つ。

  1. デザイン(見た目,機能性)
  2. サイズ(ちょうど良い)
  3. 耐久性(何年も使い続けたい)

スーツケースを選ぶ基準はいくつかありますよね。フレーム式 or ファスナー式,ハードタイプ or ソフトタイプ,サイズ,素材,ブランド,キャスター数などなど。僕の中で揺るがなかったのはハードタイプであること,そしてキャスターが四輪であること,これはすんなりと決まりました。

一方ブランドはとても悩みました。RIMOWA,Samsonite,PROTECAなど有名なブランドは品質も高いので安心感があります。特にRIMOWAは一度使用経験があって良いことがわかっていましたから。

それからサイズも難しかったです。ちょうどいいサイズってどれくらいなのか,イメージしにくかったというかできなかったです。レンタルしたRIMOWAが63リットルで,ちょっと大きいと感じたのがヒントになりました。50~60リットルが僕にとって適正かなと。ある程度どんな旅行にも対応できるようなものが良かったので,大きすぎず小さすぎずというところを狙いました。

そして3番目の耐久性,せっかく買ったスーツケースがすぐに壊れてしまってはショックですからね。特に海外の空港では預け入れ荷物をあまり大事に扱ってはくれないと聞くので。

 

ZERO HALLIBURTONの魅力

160702 ZERO HALLIBURTONのZRP-F

さて,結局僕が選んだスーツケースはZERO HALLIBURTONのZRP-F(57リットル,¥84,000)でした。何が気に入ったかって,上記の要素を全て満たしていたんですよ!

ZERO HALLIBURTONといえばジュラルミン(アルミニウム合金)のアタッシュケースが有名ですよね。あの007シリーズのジェームズボンドも愛用しています。写真では伝わりにくいかもしれませんが,このスーツケース,見た目はジュラルミンなんですよ。

でも実際はポリカーボネート製です。でもホントにプラスチックには見えないです。ターンテーブルでは素材で見分けられるくらいインパクトがあります。

そしてフレーム式なので,耐久性もばっちり。そもそもアタッシュケースに定評のあるZERO HALLIBURTONなので,耐久性をかなり重視した設計となっています。正規販売店購入であれば5年保証です。フレーム部分のデザインも一目で気に入りました。

サイズも57リットルとまさに狙いどおりです。3年経った今は,もう少し小さい方が良いなぁと思っていますが(50リットルくらい),3泊~1週間くらいまでだったら余裕で対応できます。2泊までだともう少し小さいほうが良いかもしれません。ちなみに一般的な目安としては,1日10リットルなんだそうです。

まあ基本的に,旅慣れていくとどんどん荷物は少なくなっていくって言われてます。僕も始めの頃は,それこそスーツケースがパンパンになるくらいの荷物を詰め込んでいました。帰りはお土産を詰め込むのに苦労したもんです。

だんだんと回数を重ねていくにつれ,荷物は確実に減ってきますのでこれくらいのサイズでも十分です。もしかしたらこれ要るかもしれない!…と思って入れたものはほぼ使いません笑。

ZRP-Fの後継モデルZRP-FⅡ

160702 ZERO HALLIBURTONのZRP-FⅡ
http://www.zerohalliburton.jp/product/series/zrp-f-ii/80543-01.html

現在,ZRP-Fは後継モデルのZRP-FⅡになっています。デザインもさらに洗練され,サイズが53リットルとちょうどいいと思います。興味がある方は是非どうぞ。

 

一緒に旅をする相棒が見つかれば,旅がもっと楽しいものになると思います。僕の相棒はZERO HALLIBURTONのZRP-Fです。皆さんの相棒も良かったら教えてくださいね。

 

おすすめ記事

 この記事を読んで旅行してみたくなったら,ぜひ読んでみてください。