読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

ハピタスの新ソラチカマラソンはドットマネー(.money)経由で

160801 ハピタスの新ソラチカマラソンはドットマネー(.money)経由で

どーも,ルールです。

既にいろいろな方が報告されていますとおり,ポイントサイトのハピタスからドットマネー(.money)への交換ができるようになりました。

僕がそれを知ったのは,いつも読ませていただいているぴーじぇいさんの記事がきっかけでした。

mileagelove.hateblo.jp

そして個人的にわかりやすいと思ったのはまろんさんのこの記事。

www.springmaron.com

ANAマイルへの交換と比べて交換レートは下がるものの,ハピタスからJALマイルへ交換できるようになったと書かれており,なるほど!と思いました。

これまで紹介してきたソラチカマラソンのルートが変わることになりますので,当ブログでもお話したいと思います。

 

ハピタスから始まる新ソラチカマラソンはドットマネー(.money)経由に変更

まず結論から言いますと,今回のハピタス→ドットマネー(.money)ルートが開拓されたことにより,今後ハピタスで貯めたポイントは,PeXではなくドットマネー(.money)を経由させてメトロポイント(ソラチカ)に交換することになります。

以下でその理由をもう少し詳しくお話します。

PeX→メトロポイント(ソラチカ)は手数料50円かかる。

160801 これまでのハピタスから始まるソラチカマラソン

ハピタスは,案件も豊富で特にクレジットカード発行案件,FX口座開設&取引案件に強く,多くの陸マイラーに利用されているポイントサイトです。

ハピタスで貯めたポイントは,ソラチカマラソンにてANAマイルへ交換されます。

ソラチカルートでは,ハピタスからメトロポイント(ソラチカ)に交換するために,中継サイトと呼ばれる別のポイントサイトを経由しなければなりません。

ハピタスポイントの中継サイトは,これまでPeXというサイトを利用していました。PeXを中継サイトとして使えるのはハピタス以外にもポイントタウン,GetMoney!などがあります。

よく使うポイントサイトが全て一ヶ所に集約されるので,PeXは非常に使い勝手の良い中継サイトなんです。が,唯一とも言える欠点は,PeX→メトロポイント(ソラチカ)の交換では,交換の度に(金額によらず)50円の手数料がかかることでした。

ドットマネー(.money)→メトロポイント(ソラチカ)は手数料無料!

160801 これからのハピタスから始まるソラチカマラソン

一方,ドットマネー(.money)からメトロポイント(ソラチカ)に交換する場合は手数料無料なんです。PeXの欠点を見事に補ってくれています。

また,ドットマネー自体もポイントサイトですので,ハピタス同様さまざまな案件があります。しかも中には,以前お話した楽天カードのようにドットマネーが最も有利となるものもあり,ポイントサイトとしての有効利用も十分期待できます。

ただしドットマネーにも欠点はあります。それはポイントの有効期限。PeXの場合,1年間で1度でもログインがあればポイントの有効期限は実質永久です。

一方ドットマネーは,他ポイントサイトから移行してきたポイントの有効期限は6ヶ月となります。精力的に活動している陸マイラーにとっては特にデメリットにはなりませんが,たまにしか交換しない方は注意する必要がありますね。

 

まとめ

ということで,ソラチカマラソン全体のルートをもう一度整理してみるとこうなります。

160801 新ソラチカマラソン

ドットマネー(.money)が新しくメインの中継サイトとなったことで,これまで敬遠しがちだったちょびリッチやPONEYといった,ドットマネーを中継する別のポイントサイトの利用も視野に入ってきました。

複雑になりすぎると管理が難しくなりますが,たまに整理して案件を比較しながら各ポイントサイトのおいしいところを利用していきたいですね。

 

 おすすめ記事