読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

【SFC修行】初めてのANAラウンジとプレミアムクラスに舞い上がりすぎた話

SFC修行 SFC修行-修行記

160817 【SFC修行】羽田→伊丹プレミアムクラスと羽田空港ANAラウンジ

どーも,ルールです。

お盆直前は静岡への出張がありました。行きは新幹線だったのですが,帰りは翌日からお盆休みということもあり,別に時間かかってもいいやということで,一旦東京へ新幹線で向かって飛行機を利用することに。

仕事が終わる時間が読めなかったため搭乗便を変更できた方が都合がよいこと,きっと空港で過ごす時間が長くなるだろうことから,株主優待券を使ったプレミアムクラスにて予約しました。今回は,プレミアムクラスと羽田空港のANAラウンジの体験談をお話したいと思います。

 

プレミアム株主優待で便変更

当初,夕方まで仕事がある予定だったため,20:35発の関空行きを予約しておりました。僕が予約したときはガラガラで,プレミアムクラスには僕を入れて2名しかいなかったため正直余裕だなと思っていました。

しかし,どうやら仕事が昼には終わることがわかり,前日の8/9夜に搭乗便の変更をしようとANAのサイトをみると…全ての便が満席!さすがお盆直前の羽田発です。

こりゃ困ったなー,まあ東京だしなんか適当に時間つぶせるだろうと,東京へ向かうことに。新幹線の中で再度確認してみると,17:00発の伊丹行きが1席空いているではありませんか!すかさず予約変更。

予約変更はとっても簡単です。マイメニューの予約確認から変更するだけ。特に迷うような操作はなく,手続き完了です。

これにて羽田空港へ直行することに決定しました。昼食をとってラウンジで過ごせばなんとかなりそうです。静岡からは,新幹線→品川で京急本線へ乗り換えというルートで向かいました。所要時間は1.5時間くらい。

 

まずはプレミアムチェックイン

羽田空港に着いたのが12:30頃。久々に訪れた羽田空港は,やはり伊丹空港よりもはるかに広いです。預入荷物があったのでプレミアムチェックインに向かいます。伊丹空港のプレミアムチェックインカウンターは壁で仕切られていないのですが…

160817 羽田空港プレミアムチェックイン

羽田空港は完全に外界から遮断された別世界となっています。若干緊張しながら中へ。並んでいる間に最終チェックをしてみると,16:00発の伊丹行きが空き発見!すぐに変更しました。

いやー,株主優待割引の航空券にしておいて大正解でした。チェックイン直前まで便変更・キャンセル可ですからね。もちろん手数料はかかりません。

カウンターでは,お土産の入った紙袋も一緒に預けたのですが,中身がこぼれないようにビニールで包んでくださいました。担当のグランドスタッフの方がたまたま静岡出身だったらしく,僕の土産を見て「あっ,静岡行かれてたんですか?それおいしいですよ。」って声をかけてくれたので,緊張がほぐれて和みました。

ちなみに羽田空港にはこんなものもありました。

160817 自動手荷物預け機

自動手荷物預け機です。近未来感が半端じゃないですね-!こういうのはワクワクするので,いつか利用してみたいと思います。

www.ana.co.jp

 

初体験の羽田空港ANAラウンジへ

保安検査を抜けると,目の前にエスカレーターがあります。これを登るとANAラウンジとなっているのですが,一旦制限エリア内で昼食をとりました。

160817 羽田空港ANAラウンジ入口

その後,再びANAラウンジへ向かいます。中の様子はというと,

160817 羽田空港ANAラウンジ1

思っていたよりも広々としていて,様々なタイプのシートがありました。ここに数多のSFC修行者が訪れているのかと思うと感慨深いものがあります。

160817 羽田空港ANAラウンジ3

160817 羽田空港ANAラウンジ2

今回,僕がチョイスしたのはこのシート。

160817 羽田空港ANAラウンジ4

やっぱ端っこが落ち着きますよねー。座り心地もなかなか良いです。まだ昼過ぎだったからか,ぜんぜん混雑していませんでしたし。

160817 羽田空港ANAラウンジ5

ラウンジ内には食べ物はスナックおつまみくらいしかありませんが,飲み物はソフトドリンク,コーヒー,お酒とひととおり揃っています。

さて,ラウンジに来たら絶対やろうと思っていることがありました。多くの先輩ブロガーさんがされていること,一度はパクっt…体験しておかないと。

160817 羽田空港ANAラウンジBeer&Blog略してB&B

そう!ビール&ブログですよ,Beer & Blog,略してB&Bです。PCもってきてなかったのでiPadでごめんなさい。なんかわからないけど達成感ありました。しかし,この行動が後に裏目に出てしまいます。

結局,ラウンジではたっぷり2.5時間くらい過ごすことができ,優雅な時間を楽しみました。いよいよ搭乗開始です。

 

プレミアムクラス搭乗

今回はプレミアムクラスの写真を撮っておかねばと思い,優先搭乗で颯爽と乗り込む作戦に出たんですが,噂どおり伊丹ー羽田便は上級会員の方がとても多いです。

160817 羽田空港優先搭乗

今回搭乗した機材は,ボーイング777-200(772)。全405席で,プレミアムクラスは21席用意されており,2-3-2の配列となっていました。僕の座席は真ん中の3席の通路側。ただ,たまたま右側の2席が出発直前まで空いていたため,今回撮った写真はその2席になります。

160817 プレミアムクラスのシート1

160817 プレミアムクラスのシート2

レザーシートで,高級感があって座り心地もとても良いです。足元もこんなに広々としていて最高です。このパーテーションがほどよい高さになっていて,隣に人が居ても余り気になりません。

離陸までしばらく時間があったので,シートポケットに入っている雑誌をパラパラとめくっていました(ついつい見ちゃいますよね)。

160817 ANA航空機一覧

ANAの航空機かー,思ったよりも種類少ないんだなー。ふむふむ,B777-200は2番目に大きい機材なんだな……ん?

160817 ミレニアムファルコン

こんな小ネタ挟んでくるなんて!ANAやるじゃん!実は僕スターウォーズを見たことがないため,このときは元ネタがなんなのかはわかりませんでしたが,ネタであることはさすがにわかりました。まあまあでかいのに6人しか乗れないんでしょうか。マイルで乗れるかなぁ。

さて,お待ちかね空の旅のスタートです。どんな軽食かなー,リクライニングどんな感じなんだろう,なんてワクワクしていました。この日,羽田空港は混雑しており,なかなか離陸できません。

僕はラウンジで昼間からビールを飲んでしまいました。お酒飲めないのに。良い感じに気持ち良くなっています。さあ,ここから悲劇が起こります。後はわかりますね?

 

……zzz…っ……ハッ!

 

僕が目覚めたのは着陸のベルト着用サインが点灯する直前でした。リクライニングを全く倒すことなく,あろうことか離陸前に寝ていたのです。寝ぼけて状況がよく分かっていない僕。CAさんが慌てて駆け寄ってきて僕にこう言います。

CAさん「お*すみのご様*だっ*のでお声*けで**せんでした。も*すぐ着*態*に入*ますがお食事はされますか?」
僕「あ,お願いします。」

えっ,本当に食事するの?今から?みたいな顔してました。そりゃそんな顔しますよ,状況分かってれば僕だって思いますもの。しかしそこはプロ。言われたからには用意するしかなかったんでしょう。

運ばれてくるSABO,テーブルを出してもらって置いた瞬間,

ポーン(ベルト着用サインの点灯音)

僕は全てを悟りました。あーなんてことをしてしまったんだと。全速力で食べ,1分で下げてもらいました。初めてのSABOの味はどうだったかですって?もちろん全く味なんてしませんでしたよ。本当にCAさんに申し訳ないことをしてしまった…という気持ちでいっぱいでした。あととても恥ずかしかったです。スイーツはお持ち帰りしていいよって袋貰いました。

もう調子に乗ってB&Bはしない,そう心に誓ったのでした。次からはB&C(Blog & Coffee)にします!

 

おすすめ記事