ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

ANA上級会員のブロンズ会員になったらデスクに電話しておこう

160920 ANA上級会員のブロンズ会員になったらデスクに電話しておこう

どーも,ルールです。

2016年は,ANAのスーパーフライヤーズカード(SFC)というクレジットカードをゲットすべく,上級会員であるプラチナ会員を目指しています。

プラチナ会員になるためには,1~12月の1年間で50,000プレミアムポイントが必要。プレミアムポイントは飛行機に乗ることでしか獲得できませんので,計画を立てて何度も飛行機に乗っています。このSFCをゲットするために飛行機に乗ることは,SFC修行と呼ばれています。

今回,プラチナ会員の1歩手前であるブロンズ会員になれましたので,ブロンズ会員になったらやっておくべきことを書いてみたいと思います。

 

ブロンズ会員になったら何が変わる?

160920 ANA上級会員ブロンズ

ANAにはブロンズ,プラチナ,ダイヤモンドの3段階の上級会員が設定されています。各ステイタスに必要なプレミアムポイントに到達すると,本来は翌年の4月から1年間会員資格が得られるところを,事前サービスとしてすぐに上級会員になれます。つまり,1~3月に上級会員になったら,事前サービス期間(その年の4月から1年間)を含めて最長2年間は上級会員でいられるということですね。

ブロンズ会員とプラチナ会員以上では,個人的印象として優遇のされ方にかなりの差があります。そのためブロンズ会員は,あくまでもプラチナ会員以上を目指すモチベーション的な役割があると言われたりしています。

ではブロンズ会員は,一般会員やANAゴールドカード会員と比べて,どの部分で優遇されているんでしょうか?ブロンズ,プラチナ会員と比較してみました。個人的に大きな差があると思ったところを赤字にしています。

 一般ANAカード
(ゴールド)
ブロンズ
(事前)
プラチナ
(事前)
専用問合せ
デスク
× ×
ANA
ラウンジ
× ×
国内線予約
の先行受付
× × ×
国内線座席
指定の優先
× ×
特典航空券
の優先
× × ×
国際線優先
チェックインカウンター
×
ビジネス

プレエコ

ビジネス
専用保安
検査場利用
× × ×
優先搭乗 × ×
ボーナス
マイル
なし 25% 45% 95%
SFC申込 × × ×

※マイルでの利用に限る(国内線1,000マイル,国際線4,000マイルで本人のみ)

1. 国内線座席指定の優先

皆さんフライトを予約した際に座席指定をされると思いますが,結構×(選択不可)となっているシートが多いと感じたことはないですか?これは,会員によって指定できる座席の範囲があらかじめ制限されているからなんです。

160920 ANA上級会員の国内線座席指定の範囲

もちろん,上級会員であるほど指定できる座席の範囲は広くなります。一般/ANAカード会員とブロンズ会員でどれくらい差があるのか気になりますよね?検証してみたので後ほど紹介します。

2. ボーナスマイル

ANAカードを持っていると搭乗マイルに加えてボーナスマイルがもらえます。一般カードで10%,ワイドカード・ワイドゴールドカードで25%,プレミアムカードで50%です。

ブロンズ会員になるとボーナスマイルが増えます。プレミアムカードホルダーは関係ないですが,一般カード・ワイドカードなら40%,ワイドゴールドカードなら45%になります。

たとえば,SFC修行の定番三角フライト(関西→新千歳→那覇→関西)の場合,

 フライト
マイル
ボーナス
(25%)
ボーナス
(45%)
関西→新千歳
(P旅割28)
832 208 374
新千歳→那覇
(P株主優待)
1,746 436 785
那覇→関西
(P旅割28)
923 230 415
3,501 874 1,574

ボーナスマイルの差は700マイルと微々たるもんですが,もらえるものはもらっておきたいですね。

ステイタスの変更を忘れずに!

特にSFC修行をされている方は,ブロンズ会員になる前から既にフライトを予約しているかと思います。

ブロンズ会員になる前に予約したフライトは,システム上,一般/ANAカード会員のままになっているので,上記のサービスを受けるためには,サービスデスクに電話してステイタスを変更しておく必要があります。忘れずに電話しておきたいですね。

 

ANAブロンズサービスデスクに電話してみた。

僕も9/10の三角フライトを経て,ブロンズ会員になることができました。

160920 ANA上級会員ブロンズ到達

この時点で既に6つのフライトを予約済だったので,ステイタス変更のため早速サービスデスクに電話してみました。

160920 ANAフライト予約一覧

専用サービスデスクの電話番号は上級会員になると,ANAマイレージクラブのマイメニューから検索することができます。

160920 ANA上級会員専用サービスデスク

これも上級会員の効果なのか,専用サービスデスクは土曜の昼にも関わらず,すぐに電話がオペレーターにつながりました。

僕の予約状況を確認してもらったところ,伊丹→松山以外の5便のステイタスがANAカード会員のままとのこと。ステイタス変更をお願いしておきました。5分程度で手続きは完了するとのことです。

ちなみに,現在の予約がどのステイタスになっているか確認する術はあるか?と聞いてみたところ,上司に確認してくれまして「お客様で確認する方法はございません」とのことでした。

座席指定の範囲が広がった!

今回ステイタスの変更をお願いした5便のうち,伊丹→鹿児島だけが旅割75で予約した普通席です。それ以外はプレミアムクラスなので,ステイタス変更前から全ての座席を選ぶことができていました。

伊丹→鹿児島のフライトでは,予約時には2席しか選択肢がありませんでしたのでそこを選ぶしかありませんでした。ステイタス変更後すぐに確認してみると,

160920 ブロンズ会員になったときの座席指定範囲の変化

ご覧のとおり一気に選択肢が広がりました!SFC修行をされている方など複数のフライトを予約されている方で,ブロンズ会員になった際は,ぜひ一度電話して確認されることをおすすめします。

 

SFC修行にかかる費用は? 

ところで,飛行機に乗るためにはお金かかるんじゃ?と思われるかもしれませんが,心配はありません。通常,50,000プレミアムポイントを得るためには,約40~50万円かかると言われています。でも僕が今年,SFC修行のために払う金額は,株主優待券を手に入れるためのわずか2万円程度です。

航空券の運賃はすべてANA SKYコインで支払っていて,そのSKYコインはANAマイルを交換して得たものなんです。ANAマイルは最大1.6倍のレートでSKYコインに交換することが出来ます。

でも,そもそもANAマイルそんなに貯まらないんだけど?という方は,是非下記の記事を読んでみてください。ANAマイルは,簡単に貯める方法があるんです。

 

おすすめ記事