ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

Uberの便利さに感動したバンコクでの一日

161028 ホテルから見たバンコクの街並み

どーも,ルールです。

Bangkokへ移動して一晩経った後の土曜日,念願の自由時間をゲットしました。最近いろんな方が紹介されているUberがホントに便利なのか,ずっと気になってたんですよね。今回,公共交通機関と比較する機会ができました。

 

Bangkokでの1日が始まった。

RayongからBangkokへ移動して一晩過ごした朝,ホテルのカーテンを開けるとBangkokの街並みが広がっていました。さすがにRayongより近代的な雰囲気がありますね。雨季の終わりのため,あいにくの曇り空ですが,気温は30℃を超えてます。

同僚は駐在員の案内で観光に行くとのことで,彼らが戻ってくる15時までフリータイムとなりました。ホテルはレイトチェックアウトをお願いしているので18時まで滞在OK。というわけで身軽な格好で外へ出ました。

まずは,BTSと呼ばれる高架鉄道で移動すべく,滞在しているRembrandt Hotelから駅まで歩きます。このBTSのスクンビット線は,スクンビット通り(Sukhumvit)というバンコクの大動脈である幹線道路の頭上を走っています。駅までは徒歩7分程度と近いです。

駅の目の前には,

161028 空港風ファッションビル1

なんと空港があるんです。さて,早速イスタンブール行きの飛行機に乗ります。

161028 空港風ファッションビル2

わずか1分でイスタンブール到着です。柱にかかっている看板には,トルコ文字風に”Welcome to Istanbul City”と英語で書かれているのがわかりますでしょうか笑。どうやらサンフランシスコにも行けるようですよ。

そう,ここはファッションビルなんですが,空港をモチーフとしてるんですよ。面白そうだったので入ってみました。写真撮り忘れましたけど,ビルのインフォメーションボードが,空港のフライトインフォメーションボード風になってたり,なかなか凝ったつくりでした。

 

初めてのBTS移動

161028 ホテルからChimrimまでのルート

本日の移動ルートをざっくりと描いてみました。最初の目的地は,チムリム(Chimrim)というお店。ホテル最寄りのAsok駅からはわずか一駅の区間ですが,あえてBTSに乗っていきます。運賃はわずか15バーツ(45円)!

161028 BTS改札と乗車券

BTSでは,このカードが乗車券となります。自動券売機でこれを買って,自動改札機に通します。ホームでは時刻表らしきものが見当たらなかったので,そのうち来るだろうと思ってました。3分くらい待っていると,

161028 BTS車両

お,電車がやってきました。想像していたよりもかなり綺麗な車両で,電車の中も清潔な感じがしました。土曜日ということもあってか,乗客は多かったです。

 

Chimrim Select Shopの商品はお土産に最適!

161028 Chimrim看板

電車を降りて10分ほど歩くと,狭い通り沿いに看板が見えてきました。結構近くまで行かないと普通の民家と区別がつかないので,ホントにあるのかな?と不安になってしまいます。

161028 Chimrim入口

入口はこんな感じ。早速中に入ってみましょう。

161028 Chimrim雑貨2

表の雰囲気でおわかりになったかもしれませんが,Chimrimは雑貨屋さんです。Chimrimは日本人の経営するお店で,そんなに広くはない店内には,アジアンテイストな雑貨が所狭しと並んでます。

161028 Chimrim雑貨1

思わず手にとってみたくなる雑貨がたくさん並んでいますよね。僕はこのお店の大ファンで,電車と徒歩で来るのは今回が初めてですが,もう何度も訪れています。が,今回のお目当てはこれらの雑貨じゃないんです。

161028 Chimrim名物石鹸161028 Chimrim石鹸拡大写真

じゃーん,石鹸です。Chimrimの名物,たぶんこのお店の一番人気商品だと思います。写真の左側がノニ石鹸,右側がゴールドハニーソープです。

ノニの実にはビタミンCをはじめ,ビタミンA・B・E・Kも豊富に含まれており,老化防止や美白,美肌効果もあるそうです。初めて嫁への土産で買って以来,我が家はこの石鹸を愛用しています。洗顔にも使えて,肌がつるつるになるんですよ。

ゴールドハニーソープは完全無添加石鹸で,保湿効果が高く美肌効果に優れた石鹸です。ハニーの名のとおりはちみつが含まれていて,甘ーい香りがします。見た目もゴールドですが,本当に金箔が使われています。ノニ石鹸とゴールドハニーソープ,どちらも愛用していますが,ゴールドハニーソープのほうが泡立ちが良くて,個人的には好きです。

お値段はどちらも1個120バーツ(360円)。ノニ石鹸の方はお試し用に小さいサイズもあって,それは40バーツ(120円)です。お土産にも最適の一品だと思います!僕はいつもお土産用と自宅用で,あわせて15個くらい買って帰ります。

161028 Chimrim送迎用カート

買い物を終えると,なんと駅の近くまでカートで送っていってくれるとのこと。お店は,スクンビット通りからは意外と奥まったところにあるので,これは嬉しいサービスです。

 

タイシルクの有名店Jim Thompsonを目指して移動

161028 Chimrimから伊勢丹までのルート

この日のもう1つの目的地は伊勢丹でした。 正直,Uberを体験するために,とりあえずホテルから少し離れたかっただけだったりします笑。Chimrimのお店の人にカートで送っていただいた後,プロンポン駅からチットロム駅までBTSで移動します。

161028 Jim Thompson伊勢丹店

伊勢丹で行きたかったお店がココ,Jim Thompsonでした。Jim Thompsonはタイシルクのお店。タイシルクはタイの伝統工芸品で,お土産としても人気が高いです。僕も以前ネクタイを買ったことがあります。品質も良くお気に入りのネクタイです。アウトレット店もあるのでおすすめです。このネクタイもアウトレット店で買ったもので,1,800バーツ(5,400円)でした。

161028 Jim Thompsonネクタイ

ただ,今回はナッツを買いにきたんですが,ここには置いてませんでした。タイシルクのお店なのにナッツ?って感じですが,密かに人気あるらしいんですよ。スワンナプーム空港内のJim Thompsonには置いてなくて,街中にしかないらしいんですが,伊勢丹店じゃなかったみたいです。

 

Uberは凄すぎた!快適なサービスを体験!

Uberってどんなサービス?

Uberは,いわゆるタクシー配車アプリです。乗車場所をMapで指定する,配車を依頼する,行き先を指定する,をスマートフォンのアプリ上で簡単に設定することが出きます。あとは指定した場所で待っていれば,目的地まで送り届けてくれるんです。

Uberの素晴らしい点は,アプリ上でユーザーが設定した乗車場所・行き先の情報が,すぐにドライバーの端末に送られるという点。この機能が最も活かされるのが,コミュニケーションに不安を抱えがちな海外ですよね!乗車した時点でドライバーは行き先を知っているので,言葉を交わさなくてもその場所まで行ってくれるんです。

しかも,支払情報もUberアプリにあらかじめ登録できます。もちろん現金で支払うこともできますが,Uberではクレジットカードで支払いできるので,カード情報をアプリに登録しておけば,目的地に着いたらそのまま降りるだけでOK。降りてからほどなくすると,明細が自分のアプリに転送されてきます。

そんなUberは,世界50ヶ国以上の250都市以上で利用することができます。下記リンクでどの都市で使えるか検索が可能です。
https://www.uber.com/ja-JP/cities/

まずはUberアプリで配車

161028 Uberアプリ使い方1

Uberアプリを開いて,まずは配車を依頼します。アプリ内のGoogle Map上で,自分の現在地を乗車場所として設定します。画像の下の方ではuberXとUberBLACKを選択できるようになっていますね。uberXは,僕らがイメージするタクシーです。一方UberBLACKはハイヤーですね。ちょっと高級な車で迎えに来てくれます。これ以外にも都市や時間帯によって,いくつかの種類があって料金も異なります。

カテゴリー 名称 車種
エコノミー uberX タクシー/セダン
uberXL タクシー/バン or SUV
UberSELECT タクシー/高級セダン
プレミアム UberBLACK ハイヤー/セダン
UberSUV ハイヤー/SUV
UberLUX ハイヤー/高級セダン
アクセシビリティ   車いす対応
カープール uberPOOL 複数人でシェア

今回は2択しかありませんが,せっかくなんでUberBLACKを選んでみました。プレミアムというカテゴリーに入っていますね。

161028 Uberアプリ使い方2

乗車場所と車種を選択すると,何やら出てきました。今はちょうど忙しいみたいで,ピーク料金が加算されるようです。このまましばらく待って落ち着いてくると,この表示は出なくなりますので,急いでいない場合はいったん待ってみると良いと思います。これも経験だと思って,今回はこのまま同意してみました。

161028 Uberアプリ使い方3

配車が確定すると,待っている間に目的地を設定できるようになります。この画面では既にRembrandt Hotelを指定した後です。また,Uberに登録している車にはGPSが搭載されているので,今マップ上のどこにいるか,自分のいる場所までどのくらいかかるかが一目瞭然です。

画面の下の方にはドライバー名,車種,車のナンバー,そしてドライバーの顔写真まで載っています。これだけの情報があればかなり安心できますよね。ホントに予約できてるんだろうか…そもそもどれがUberなの…?って不安になるところですが,とにかく車のナンバーさえ見ておけばいいんですから。

いよいよ乗車,至福の30分間。

161028 Uber社内

渋滞のため少し待ちましたが10分くらいで車が到着し,車に乗り込みます。ドライバーは写真よりもかなりイケメンのお兄さんでした。運転席横にはドライバーのIpadがセットされていて,挨拶以外何も言葉を交わしていないのに,既に目的地までのルートが表示されていますね。

Bangkokは車社会で渋滞が深刻なレベルなので,わずか6km程度の距離でも30分程度かかりました。でもUberなら何のストレスもありません。超快適です!

161028 Uber Black

無事,Rembrandt Hotelに到着しました。今回のドライバーさんの愛車は黒塗りのトヨタカムリ。フルスモークで,まさにハイヤーって感じしませんか。海外で普通に車使えるなんて,Uberほんとにすごいです!

プロモーションコード入力で初回割引

161028 Uber領収書

車を降りてから少し経つと,アプリへ今回の領収書が送られてきました。ピーク料金40%も加算されているのに,合計はわずか283.81バーツ(850円)です。ホントにタイは公共交通機関の運賃が安いですね。この値段でこんなに楽に移動できちゃうなら,Uber以外の選択肢はないです。どこにでも気軽に行けちゃいます。

領収書をよくみると,プロモーションとして(75.00)と書かれています。あらかじめコードを入力しておくと,初回乗車で割引を受けることができるんです。コードは世界共通なので,利用する国のコードである必要はなくて,世界中どこの人が提供しているコードを入力してもOK。ただし,プロモーションコードは利用する国で登録してください。登録した地点のIPアドレスで,どの国の割引が適用されるか決まるようです。

161028 Uberプロモーションコード

今回僕は,日本の方のプロモーションコードを入力しました。アプリ上では「初回ご乗車が¥2,000オフ」と書かれていましたが,領収書ではちゃんと75バーツに変換されています。

Uberをまだ未体験という方,下のプロモーションコードを入力して,ぜひ試してみてください。これはホントにおすすめです!

プロモーションコード:pzjzcpvjue

 

ANAマイルを年20万マイル以上貯める方法

おすすめ記事