ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

鹿児島空港の無料航空展示室「SORA STAGE」で飛行機をもっと好きになろう

170625 鹿児島空港ソラステージ3階出口

どーも,ルールです。

6月の頭に,地元である鹿児島へ帰省してきました。貯めたマイルを利用したので,飛行機代はタダです。マイルを貯めていて良かったと思える瞬間ですね。

鹿児島空港といえば,無料の航空展示室であるSORA STAGE(ソラステージ)があることでも知られています。今回,SORA STAGEをゆっくり堪能し,その良さを実感することができました。皆さんにも是非一度訪れてもらいたい,そう思えるくらい良いスポットだったので,紹介させてください。

 

鹿児島空港 航空展示室SORA STAGE(ソラステージ)

170625 鹿児島空港ソラステージ2階入口

鹿児島空港の2階は出発エリアとなっており,保安検査場があります。1階のチェックインカウンターからエスカレーターを上がってくると,斜め右方向に見えるのが,写真のSORA STAGE(ソラステージ)への入口です。 

SORA STAGEは,その名のとおり,空をイメージした青をテーマカラーとした航空展示室です。6:30~21:15に入場することができ,無料で自由に出入りすることができます。

僕は鹿児島出身で,鹿児島空港は地元の空の玄関として,これまで何度も利用しています。にも関わらず,SORA STAGEの存在はなんとなく知っていましたが,今まで一度も入ったことはなく,まあたいしたことないだろうってスルーしていたんですよね。

そんな考えを改めることになったのは,僕と同じ鹿児島出身のsara(id:milkytiny)さんの下記記事を見たからでした。

この記事で,あれ…SORA STAGEって実は見応えのある場所なんじゃね?って気づかせてもらったんです。地元なのに知らないのはいかんだろうというわけで,遅ればせながら帰省を利用して体験してきました。

見所1 実機を再現!日本エアコミューターのモックアップ

170625 鹿児島空港ソラステージJAC Q400モックアップ

JALグループに所属している日本エアコミューターは,鹿児島空港を拠点として運航しており,西日本,特に鹿児島の離島を18機のプロペラ機で結んでいます。そんな日本エアコミューターが実際に訓練で使用しているというモックアップを,SORA STAGEに展示しているんです。まるで本物の飛行機のようですよね。

170625 日本エアコミューターQ400

ちなみに実機はこちら,ボンバルディア社のプロペラ機DASH8-400(通称Q400)です。

170625 鹿児島空港ソラステージJAC Q400モックアップ2170625 鹿児島空港ソラステージJAC Q400モックアップ3

先ほどのモックアップ,中に入ることもできます。コックピットの中まではさすがに入れませんが,機内を忠実に再現しており,座ることだってできちゃいます。

見所2 飛行機のタイヤって大きい

170625 鹿児島空港ソラステージタイヤ

僕らの生活で身近なタイヤといえば,自家用車に取付けられているものですよね。タイヤは唯一地面と接地されている車の部品ですから,「車の重量を支える」「路面からの衝撃を和らげる」「走る・曲がる・止まる」など,とても重要な役割を担っています。

もちろん航空機においても,タイヤはとても重要です。地上ではあの巨体を支え,時速250km以上での離着陸に繰り返し耐えるという,自家用車よりも苛酷な条件での使用となり,高度な技術が要求されるのです。

170625 タイ航空ボーイング747-400

右側の大きなタイヤは,ボーイング747-400(上の写真はタイ航空のB747-400)のものです。直径約1.2m,幅0.5m,重さ120kgのタイヤが計18個取付けられています。この18個のタイヤで,250トンにも及ぶ機体を支えているんです。

見所3 ジェットエンジンのファンブレードとウイングレット

170625 鹿児島空港ソラステージB747ファンブレードとウイングレット

展示室中央のひときわ目立つ大きなパーツが,ボーイング747ジェットエンジンのファンブレードとウイングレット(翼端板)です。とにかく大きなパーツです。

170625 ファンブレードとウイングレット

ファンブレードを回転させることによって 多くの空気を吸い込み,エンジン内部で圧縮・爆発・燃焼された燃焼ガスが後方にジェット噴射されます。このジェット噴射される燃焼ガスを推進力として,飛行機は飛んでいるんです。

ウイングレットには,空気抵抗を減らして燃費を向上させるという役割があります。飛行機の翼端には,翼端渦と呼ばれる空気の渦が発生します。この翼端渦は空気抵抗となり,余計なエネルギーを消費してしまうのです。ウイングレットは翼端渦の発生を抑制する効果があると言われており,燃費は数%向上されるそうです。

見所4 フライトシミュレータでパイロット気分を味わおう

170625 鹿児島空港ソラステージフライトシミュレーターQ400

鹿児島空港のSORA STAGEには,2種類のフライトシミュレータが設置されています。上の筐体は,プロペラ機ボンバルディアQ400の離着陸を体験できるもので,1フライト100円です。初級コースを試してみましたが,難しいのなんの。なんとか着陸できましたが,滑走路から逸れた原っぱに着陸しました笑。

170625 鹿児島空港ソラステージフライトシミュレーター

そしてこちらは,機種はわかりませんがジェット機を操縦できる筐体で,1フライト300円です。鹿児島空港→伊丹空港の離着陸を体験してみましたが,先ほどのQ400よりさらに難しく,まず誘導ガイドどおりにまっすぐ飛ぶことさえできません。方向修正しようと操縦桿をすばやく動かしすぎて機体が大きく傾き,修正しようとすると今度は逆に傾き…。結局僕の操縦する機体は,伊丹空港に墜落してしまいました…笑。

いつも滑走路にまっすぐ(時には斜めから)アプローチして,確実に着陸させるということは,高度な技術のうえで成立しているんだなぁと実感することができました。皆さんも,ぜひ一度やってみてくださいね。

 

鹿児島空港展望台へ

170625 鹿児島空港ソラステージB747エンジンカウル

フライトシミュレータ近くのドアから,写真のボーイング747エンジンカウルを通り抜けると,展望台に出ることができます。飛行機の歴史やパーツなどを見た後は,実機を見られるように展望台へ誘導するという,素晴らしい動線ですね。

170625 鹿児島空港ソラシドエアーボーイング737-800170625 鹿児島空港スカイマークボーイング737-800

普段,伊丹空港では見られないソラシドエアやスカイマーク,ピーチ,ジェットスターなどの機体を見ることができます。特にソラシドエアは,宮崎を本拠地として九州と東京・沖縄を結ぶ路線を主に運航(神戸/名古屋ー沖縄路線もあり)しているため,大阪在住の僕にとっては超レアな機体でした。上の写真はどちらもボーイング737-800で,ソラシドエアは保有する12機すべてB737-800で統一しています。

  着陸回数
[回/年]
乗降客数
[万人/年]
1.羽田 212,802 7,274
2.成田 115,521 3,287
3.福岡 85,821 1,970
4.那覇 76,987 1,729
5.関西 70,787 1,922
6.伊丹 69,542 1,453
7.新千歳 69,301 1,927
8.中部国際 45,597 976
9.鹿児島 32,860 515
10.仙台 28,157 321

意外に思われるかもしれませんが,鹿児島空港は国内97空港の中で,年間着陸回数・乗降客数ともに第9位(2016年)を誇ります。地元民としては,なんとなく嬉しくなりますね。もっともっと活性化してほしいなと思っています。

滑走路は1本で3,000mの長さです。1日約180便は離着陸していますので,展望台で飛行機の離着陸する様子を存分に楽しめると思います。

滑走路で星を見るという夢のような体験

170625 キリシマイスター認定制度

余談ですが,鹿児島空港のある鹿児島県霧島市は,2016年11月に世界で一番大きなプラネタリウム(=滑走路)で星を見るという超絶羨ましいイベントを開催しました。これは,霧島市民に霧島市のイイところを再認識してもらおうという「キリシマイスター認定制度」の一貫で開催されたイベントです。

残念ながら参加できたのは霧島市民100名のみだったようです。普段は立ち入れない空港内駐機場での最終到着便見学とお出迎えに始まり,旅客機(JALボーイング767,ANAボーイング767)見学,機長や客室乗務員との記念撮影と,プラネタリウム以外にも盛りだくさん。最後は滑走路に寝っ転がって星を見るという,飛行機好きにはたまらないイベントでした。霧島市民の方が本当に羨ましい,霧島市をきっともっと好きになっただろうな,と思えるようなとても良いイベントです。当日の様子は,下記動画を見てみてください。

 

まとめ

鹿児島空港の航空展示室SORA STAGE(ソラステージ)は,入場無料ながらも内容盛りだくさんのスポットです。特にフライトシミュレータは一度プレイしてみてほしいです。飛行機の操縦がいかに難しいかよくわかりますし,僕は飛行機のことをもっと好きになりました。鹿児島空港を訪れた際には,SORA STAGEへぜひ足を運んでみてくださいね。

おすすめ記事