読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

432,000マイルを可能にするANAカードファミリーマイル

マイルを貯める マイルを貯める-ポイントサイト

160612 ファミリーマイル+ハピタスで年間432,000マイル貯められる

どーも,ルールです。

 

ポイントサイトでポイントを貯めて→ソラチカルートでANAマイルになって→海外にビジネスクラスで行ける分だけ貯まる,マイレージ生活を始めてから実際に旅行できるようになるまで,どうしても時間がかかってしまいます。僕がハピタスに登録したのが4/8,初めてソラチカルートを経由してANAマイルになったのが7/11でした。そこからは毎月コンスタントにマイルを獲得できています。

以前,ソラチカルートで年間216,000マイル獲得できるというお話をしました。

今回は,夫婦や同居の家族それぞれがソラチカルートを利用すれば2倍,3倍…のマイルが毎年貯められるよ!というお話。

 

ANAカードファミリーマイル制度を活用する。

160612 ANAカードファミリーマイル制度を活用

マイルを貯めるためにANAマイレージクラブに入会したと思いますが,クレジット機能のないマイレージクラブ平会員はマイルを誰かと共有することはできません。夫婦で飛行機に乗ってもマイルはそれぞれの会員に加算されるので,なかなか特典航空券に必要なマイル数に届かなかったりしますよね?

そこで生まれたのがファミリーマイル制度。誰か1人がANAカードを発行すれば,家族間でマイルの共有ができるようになるんです。対象となるのは配偶者および1親等の同居している家族。単身赴任や子供の大学進学など,勤務・修学・療養等で同居していない場合は認めてくれます。

160612 ファミリーマイル参加メンバー

そんなファミリーマイル制度を利用できるANAカードは現在20種類。ソラチカルートには欠かせないソラチカカード(ANA To Me CARD PASMO JCB)も含まれています。ただファミリーマイル制度を活用するだけなら,ANAカードを発行するのは1人で十分で,家族がANAカードを発行する必要はないです。

が,ポイントサイトを活用してより爆発的にマイルを貯めるためには,家族もソラチカカードの本会員になる必要があります。家族カードではダメです。理由は後述します。

ファミリーマイル登録の手続きは,ファミリー会員がANAカードの家族カード保有かどうかで異なります。家族カード保有者の場合は既に同居家族であることを証明できているので,オンラインで手続きできます。家族カード保有者でない場合は,住民票か健康保険証コピーを郵送する手続きとなります。

 

2本目のソラチカルートを作ろう! 

ファミリーマイルでANAマイルは共有することができます。てことは,あとは家族のソラチカルートを構築できれば貯まっていくマイルは2倍になるってことですよね?ソラチカルートの作り方はANAマイルはソラチカで年間216,000マイル貯められる!の記事でお話してますので,同じことを家族が実践するだけです。

160612 ファミリーマイルを利用したソラチカルート(ハピタス以外)

上図に夫婦を例として,ハピタス以外のポイントサイトを起点としたソラチカルートをまとめてみましたが,注意点が2つあります。

  • 1本のソラチカルートは,ポイントサイト,中継サイト,ソラチカカード,ANAマイレージクラブがすべて同一名義であること。
  • ルートのどの時点であっても,夫→妻あるいは妻→夫へポイントを移行させることはできない。

特に間違えやすいところがソラチカカードの名義です。これは,夫名義のカードでつくった家族カードだとダメなんです。もしそうしてしまうと,夫にメトロポイントが集約されてしまうため,毎月交換できるメトロポイントの上限は2万ポイントどまりとなります。ソラチカカードは夫も妻も本会員となるようにしてくださいね。

また,基本的には,ソラチカルートの途中で名義間のポイント交換はできません。ところが,これには1つだけ例外があります。それは,ハピタスが起点となる場合。

160612 ファミリーマイルを利用したソラチカルート(ハピタス)

ハピタスを起点とする場合は,手数料のかからないドットマネーを中継ポイントサイトとするソラチカルートを使います。通常,ポイントサイト→中継サイトへポイント移行するとき,ポイントサイトからダイレクトに中継サイトへポイントが移行されます。ところが,ハピタス→ドットマネーの場合,いったんドットマネーギフトコードとして発行されるんです。ドットマネーサイト内でこの発行されたギフトコードを入力すると,ポイントが加算されます。ドットマネーギフトコードという名前から想像できるように,誰でもポイントを受け取ることができます。つまり,夫のハピタス口座→妻のドットマネー口座が可能となり,もちろんその逆も然りです。

見事ソラチカルートが完成されれば,夫婦で18,000マイル/月×2人×12ヶ月=432,000マイル/年が可能となります。

 

おすすめ記事

 貯めたANAマイルの使い道として,旅行に出かける前にSFCを検討されてはどうでしょうか。

 

順調にポイントサイトでポイントを獲得してきており,毎日とても楽しいです。数字が増えていくのをみると,あーホントにめちゃくちゃ貯まるんだなぁというのを実感できます。

とはいえ,まだまだ先は長いです。家づくりで例えると,今は「よし家買おう!」と思って土地がようやく決まったところでしょうか。夢のマイホームとそこで暮らす家族を想像しながら,その土地に合った家を建築士さんとあーでもないこーでもないとデザインしている段階。

この”想像しながら”というのが,マイレージ生活を続けるうえでもとても重要だと思っています。モチベーションを保って,目標を見失わないようにしていかなくてはいけませんね。たとえすぐには実現できない旅行であっても,マイレージ生活を続ければ必ずそこに行けるとわかっていたら頑張れますもんね!