ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

【SFC修行】三角フライトでの乗り継ぎを経験して得た教訓

160912 【SFC修行】三角フライトでの乗り継ぎを経験して得た教訓

どーも,ルールです。

前回の記事では,前日に羽田から関空へ飛んで,関空近くに宿泊するところまで書きました。

さっそく続きをお話しましょう。

 

関西空港国内線エリアへ潜入

翌朝は5:30起床。宿泊したスターゲイトホテル関西エアポートホテルから関空までは無料のシャトルバスが出ており,チェックイン時に出発時間を聞かれます。僕が今回乗ったのは6:30発のバスで,空港までは約12分で到着です。

160912 関西空港

国際線では何度もお世話になっている関空ですが,国内線をLCC以外で利用するのは今回が初めて。かなりテンションが上がっていました。

今回は関空→新千歳→那覇→関空の王道コース,三角フライトと呼ばれているものです。航空券は全てプレミアムクラス。新千歳→那覇だけは株主優待で,それ以外はP旅割28で予約しました。これまでの人生で1日に3回も飛行機に乗ったことは一度もないので,浮かれまくっています。

出張から直接修行に臨むことにしたので,あわせて3泊4日となってしまいました。小さめのスーツケースを持っていたので,空港へ着くと早速プレミアムチェックインカウンターで荷物を預けます。

160912 関西空港プレミアムチェックインカウンター

関空の国内線カウンターは,羽田のような専用の部屋はなく,普通のカウンター横に上級会員とプレミアムクラス搭乗者が利用できるカウンターがあります。

荷物を預けて身軽になったので,そのまま保安検査場へ向かいます。ガラガラだったんで別にどのレーンでもよかったんですが,一応優先レーンを利用しました。

160912 関西空港保安検査場優先レーン

関西空港国内線のANAラウンジは,保安検査場を通過した直後にひっそりと入口があります。隠れ家的な雰囲気を醸し出しています。

160912 関西空港ANAラウンジ1

160912 関西空港ANAラウンジ2

チェックインカウンターで場所を教えてもらっていたのに,気づかず素通りして21番ゲート付近まで歩いていってしまいました。保安検査場終わってすぐですので,お見逃し無く。

160912 関西空港ANAラウンジ3

160912 関西空港ANAラウンジ4

中はこじんまりとしていて,前日に利用した羽田空港のものとは全然違います。喫煙ルームも中になくて,ラウンジにいるお姉さんに聞いてみると,ラウンジの外にあるとのこと。出入りは自由で,喫煙所まで飲み物を持っていってもいいそうです。(ちなみに同じ事を那覇空港でも聞いてみましたところ,出入り自由は同じでしたが飲み物の持ち出しはダメでした。)

160912 関西空港ANAラウンジ5

B&C(Blog&Coffee)を優雅に楽しんだ後は,いよいよ最初のフライトのお時間です。 

 

1フライト目 関空8:00→新千歳9:50(737-800)

160912 1フライト目新千歳行き

本日1便目は新千歳行き,1時間50分のフライトです。昨日の羽田→関空便とは客層が全く異なり,家族連れで賑わっていました。優先搭乗する方もあまりいなくて,若干天狗になりつつも颯爽と乗り込むのでした。

160912 ボーイング777-200

相棒は全167席のボーイング737-800です。プレミアムクラスは2×2の配列で全8席。1列目に陣取りいざ出発です。いったんは発進したものの,滑走路混雑のためしばし待つことに。そしたらなんか飛んできましたよ!

160912 滑走路から見る飛行機の着陸

思わずシャッターを切っちゃいました。こんな間近で着陸を見られてテンションMAXです。飛んでいるときにも,

160912 飛行機から見る富士山

富士山!雲から頭が突き出てますよ。近くで見たことないけど,ホントに大きいんでしょうね―。プレミアムクラスにはコンセント(機体によってはUSBポートも)が設置されているのでiPhoneを充電しようとしたんですが,接触が悪く何回抜き差ししても反応してくれません…。結局充電は諦めました。

160912 関空→新千歳のGOZEN

GOZENを楽しんだ後は,機内Wi-Fiで提供されている動画を見て過ごしました。遅延もなく快適に見ることができますよ。あっという間に北海道の地が見えてきました。滞在時間は1時間もないですが,人生初の北海道です。

160912 北海道が見えてきた

 

新千歳空港のANAラウンジへ

新千歳空港に到着しましたが,次の搭乗まで40分程度しかなくあまり悠長にはしていられません。まずは妻に頼まれていたお土産をササッと購入して,いそいそとANAラウンジへ向かいます。

160912 新千歳ANAラウンジ1

160912 新千歳ANAラウンジ2

ここのラウンジはものすごーく縦長です。一番奥には喫煙ルームがありました。携帯の充電が無くなりかけていたので,充電しつつコーヒーを楽しんだらもう搭乗時間が迫ってきました。

2フライト目 新千歳10:50→那覇14:25(737-800)

160912 新千歳→那覇出発ゲート

40分はあっという間で,ホントはもっと空港散策したかったなぁ。まあまた来ればいいか!と思い,後ろ髪をひかれながらも次のフライトへ気持ちを切り替えます。

160912 新千歳→那覇737-800

さて,次の相棒はこの子です。さきほどと同じボーイング737-800。写真撮ってるときは,「おっ,沖縄行きの飛行機は小さいんだなー」なんて思っていたんですが,さきほどまで乗っていた飛行機と大きさ同じでした。周りに止まっていた飛行機が大きかったので,相対的に小さく見えたんでしょうかね。

160912 新千歳→那覇GOZEN

さて,離陸してベルト着用サインが消えると,本日2回目のGOZENです。GOZENは本当にどれもおいしいです。僕は結構好き嫌いが激しいんですが,ちゃんと食べられますから。

160912 くまもんチョコクッキー

「お,くまもん(^^)」。熊本復興キャンペーンの1つだそうですよ。サクサクのチョコクッキーでしたー。ちなみに1フライト目は充電できなかったわけですが,今回はちゃんとできました!

 

……

 

なんて優雅に楽しんでるわけじゃなかったんですよ!このとき既に僕は,2つもやらかしてしまっていたんです。ではボーディングブリッジまで時間を戻してみましょう。

失敗1ー同じ飛行機に乗る!

 これは修行されてる方には定番なのかもしれませんが,クルーも機材も同じだったんですよね…。

CAさんと目があって,お互い「あれ?」っていう顔をした瞬間が忘れられません。恥ずかしくて恥ずかしくて,離陸してしばらくは顔を上げられなかったです。

なんか完全な思い込みなんですけど,ある機体はその日ずーっと同じ路線を往復するもんだと思ってたんですよ。だから三角フライトで被るわけないって気にもしてなかったんです。

2フライト目の空の上でいたたまれなくなってCAさんに聞いてみたら,あちこちに飛ぶのは普通だそうで。1つ勉強になりました。

那覇に到着して最初にやったことは,すぐ振り返って次どこに飛ぶか確認することでした。

160912 さらば738!

よし,名古屋ならもう戻ってこないはず!さらば738,ありがとう!

失敗2ー新千歳に着いて最初に目にしたものとは?

今回の三角フライトで一番不安だったのが新千歳での乗り継ぎでした。なんせ初めての北海道,空港の広さも全然感覚がわかんなかったんです。しかもスーツケースを預けていたので,いったん制限エリアの外に出たら間に合わない可能性あるな…と。

そこで,関空のプレミアムチェックインカウンターで,正直に申告することにしました。ここは修行僧だとバレても仕方がありません。

お姉さん「それでは新千歳まで1点お預かりしm…」
ルール「あの,実はその後那覇まで行くので,那覇で荷物受け取りたいんですけれども」
お姉さん「え?…あ,失礼いたしました。それではお乗り継ぎの手続きをいたしますね。お預かりした荷物は引き続き那覇までお預かりいたします」
ルール「はい,お願いします!」

ええ,これぐらいのリアクションは全然想定内ですよ。きっと新千歳経由で那覇飛ぶとか頭おかしいんじゃないの?って思ったかもしれないけど,さすがプロの対応です。一瞬とまどいながらもすぐに何事もなかったかのように対応してくれました。と思っていた次の瞬間,

 

 お姉さん「他にお乗り継ぎはございますか?」

お姉さん,あんたいいパンチもってるじゃないか。関空→新千歳→那覇へ飛ぶと宣言した普通に考えたらアホな男に,更に乗り継ぎがあるかと尋ねるわけですか。完全に修行僧だと断定してますよね笑。

そりゃ正直に言えばありますよ,三角フライトなんで那覇→関空がまだありますけれども,そこはもちろん「ありません(^^)」としか言えませんでした。

…僕の完敗です。

なんとか乗り継ぎの手続きも完了し,これで新千歳で乗り遅れることはないだろうと安心していました。なんならこのテクニックをブログにドヤ顔で説明してもいいな,くらいには思っていたかもしれません。

僕がイメージしていた乗り継ぎというのは,

160912 乗り継ぎ方法(羽田)

こんな感じの案内に従って進んでいくイメージだったんです。しかし,1フライト目を終えた僕を新千歳で待っていたのは,”那覇行き”と書かれたホワイトボードを持って,「那覇行きにお乗り継ぎのお客様お知らせくださーい」とお声かけしてくれる地上係員さんでした。ダッシュで知らせに行きました。

結局,一連の行動を第三者的にまとめると下の絵みたいなことですよね。

160912 あほな行動

うん,アホだな,僕は。

自宅に帰って妻にこのことを話すと,冷静に指摘されました。

「スーツケース関空に預けとけば良かったんじゃない?」

もうぐうの音も出ないとはこのことです。どうせ日帰りで戻ってくるんだからコインロッカーに放り込んでおけばよかったんですよ。苦し紛れに「あのコもきっと…僕と一緒に旅したかったんだよ…」と言い返すのが精一杯でした。

今日の教訓
「日帰り修行で大きい荷物は持って行っちゃダメ」

 

おすすめ記事