読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

ヒルトンホテルに電話したらエグゼクティブルームにアップグレードできた話

170103 ヒルトン大阪エグゼクティブラウンジ座席2

どーも,ルールです。

2016年9月6日~9日までの4日間,ヒルトンでは最大50%OFFのキャンペーンが開催されていました。これはチャンスと思い,仕事納めの12月28日にヒルトン大阪を予約してみました。僕は大阪在住なので,普段ヒルトン大阪に宿泊する機会はないだろうと思い,一度泊まってみたかったのです。

ヒルトンのゴールドVIP会員になると,会員特典として,確約ではないものの部屋がアップグレードされる可能性があります。ヒルトン大阪にはエグゼクティブフロアがあり,なんとか利用できないかなと試してみました。

 

ヒルトン大阪について

ヒルトン大阪は,大阪の中心地JR大阪駅から徒歩数分の距離というアクセス抜群の好立地にあります。また,ヒルトンホテルそばのハービス大阪は,伊丹空港ー梅田間を25分,関西空港ー梅田間を65分で結ぶリムジンバスのバス停があり,空港とのアクセスも便利です。

そんなヒルトン大阪には,4つの部屋タイプと2つのベッドサイズが設定されています。

部屋タイプ ベッドサイズ
ヒルトン(30㎡)
デラックス(30㎡)
エグゼクティブ(30㎡)
スイート(60~150㎡)
ダブル(200×200)
ツイン(200×100,2台)

公式サイトではダブルと表記されていますが,実際は200cm×200cmのキングベッドです。また,ヒルトン・デラックス・エグゼクティブの3タイプの部屋はすべて同じ広さで,公式サイトで見るかぎり内装もたぶん同じだと思います。大きな違いは階層で,ヒルトン→デラックス→エグゼクティブの順で高層階に配置されています。

エグゼクティブルームは32階以上に配置されており,その部屋の宿泊者は32階にある専用のエグゼクティブラウンジを利用することができます。チェックイン・チェックアウトも,エグゼクティブラウンジで座ったまま手続きすることができ,特別感を味わえます。

僕が予約したのは,最も安かったヒルトンルーム×ダブルベッドの部屋。ヒルトンのゴールドVIP会員特典として,空室があれば1ランク上の部屋へアップグレードされる可能性があります。それに期待していました。

 

Hオナーズアプリで事前チェックイン

ヒルトンでは,公式のHオナーズアプリを使って事前チェックインすることができます。このアプリがすごいのは,事前チェックインの際に部屋を自分で選べるというところです。

Hilton Honors
Hilton Honors
無料
 

以前の宿泊で利用したときは,前日に事前チェックインしようとアプリを開くも,予約した部屋しか出てきませんでした。そこではチェックインせずに翌朝再度アプリを立ち上げると,アップグレードされた部屋がプレアサインされているという流れでした。

今回も前日にアプリを開いてみましたが,

170103 Hオナーズアプリの事前チェックイン1

11~23階のヒルトンルームのダブルかツインしか選択できませんでした。翌朝再度アプリを開いてみると,

170103 Hオナーズアプリの事前チェックイン2

前日までに選択できたヒルトンルームは選択肢から無くなり,代わりにアップグレードされた27~29階のデラックスルームのダブルかツインを選択できるようになっていました。アップグレード成功…なのですが,前述のとおり,ヒルトン大阪のヒルトンルームとデラックスルームでは,階層以外にこれといった差はありません。やはりエグゼクティブルームに泊まって,エグゼクティブラウンジを利用してみたいなぁという欲がありました。

 

直接ホテルに電話してみると希望が叶うかも

そこで,いったんアプリでデラックスルームに事前チェックインした後,しばらく待ってホテルに電話してみました。ホテルへの連絡先はアプリに記載されているので,簡単にかけることができます。

僕「こんにちは。本日宿泊予定のルールと申します。もし可能であればお願いしたいことが2つあるんです。」

フロント「はい,どのような件でしょうか」

僕「1つはエグゼクティブルームにアップグレードしてもらえないかということ。もう1つはレイトチェックアウトできないかということです。」

フロント「かしこまりました。まずは空室をお調べいたしますね…空室がございますのでご希望承ります。」

僕「(わっ,ホントにできちゃった!)ありがとうございます!」

フロント「それとレイトチェックアウトに関しましては,あいにく年末で大変混み合っておりますので,通常12時までのところ13時まででいかがでしょうか」

僕「もちろん大丈夫です!ありがとうございます」

フロント「それではご到着をお待ち申し上げております」

ついでにレイトチェックアウトもお願いし,両方とも叶えていただきました!レイトチェックアウトは,Hオナーズ会員であれば当日申請することができ,状況によって通してもらえることがあります。前回ダブルツリーbyヒルトン那覇に2泊したときも,電話で1泊目と2泊目で部屋を替えてもらうようお願いしたら叶ったんですよね。直接ホテルへ電話したほうが,希望を叶えてもらえる可能性は高いかもしれません。

というわけで,念願のエグゼクティブルームへの宿泊が実現しました。

 

ヒルトン大阪エグゼクティブラウンジに潜入

170103 ヒルトン大阪エントランス

ヒルトン大阪にやってきました。存在は知っていましたが,ここに自分が泊まれる日が来るなんて!

170103 ヒルトン大阪1Fロビー

エントランスを入ると,1階が広々としたフロントになっています。通常はここでチェックインしますが,今回はそのままスルーしてエレベーターで32階へ向かいます。

170103 ヒルトン大阪エグゼクティブラウンジフロントデスク

かなり緊張しつつもエグゼクティブラウンジに入り,フロントの方に促されるままソファーに座って待っていると,温かいおしぼりを渡されサインをしてチェックイン完了でした。あっという間に終わり,ホントに座ったままでチェックインが完了しました。このままラウンジで過ごせるようですが,いったん部屋に荷物を置きに行ってから戻ってきました。

営業時間 6:45~22:00
(ラストオーダー21:30)
ドレスコード スマートカジュアル
詳細 ソフトドリンク6:45~21:30
朝食6:45~10:30
アフタヌーンティー15:00~18:00
ハッピーアワー18:00~20:30
     (土日祝18:00~20:00)

ヒルトン大阪のエグゼクティブラウンジの施設情報はご覧のとおり。ドレスコードがあり,短パンやジャージ,サンダルなどはダメです。

ちなみに,ホテルではなく飛行機に対するドレスコードについて,テラヤマアニさんが記事にされています。僕がドレスコードを意識するきっかけにもなった記事で,すごく参考になりますのでぜひ読んでみてください。

kowagari.hateblo.jp

エグゼクティブラウンジの営業時間内は,終日ソフトドリンクが用意されていて,朝食・アフタヌーンティー・ハッピーアワーには軽食もあります。もちろんすべて無料です。

朝食はラウンジでも食べられますし,2階のレストランに行くこともできます。また,ラウンジ内はWi-Fiに無料接続することができます。僕は,アフタヌーンティーとハッピーアワーのときにラウンジを利用してみました。

170103 ヒルトン大阪エグゼクティブラウンジ座席1

これはラウンジのちょうど真ん中あたりで入口に向かって撮った写真です。反対側にも同じくらいのスペースがあります。一番奥には,食事類やお酒が置いてありました。

170103 ヒルトン大阪エグゼクティブラウンジ1

いただいたのはコーヒーでしたが,アフタヌーンティーのときには既にお酒が置いてありました。 

170103 ヒルトン大阪エグゼクティブラウンジ2170103 ヒルトン大阪エグゼクティブラウンジ3

それと美味しそうなスイーツ!特にカヌレが絶品でした。甘すぎず,何個でもおかわりできちゃいそうな癖になる味です。

170103 ヒルトン大阪エグゼクティブラウンジハッピーアワー

こちらはハッピーアワーのときの写真です。アフタヌーンティーのときと異なり,お酒のお供になりそうなオードブルがありました。調子に乗って,スパークリングワインなど楽しんでみました。二人とも普段は全く飲まないので,グラス一杯で良い気分です。

エグゼクティブラウンジは,慣れていないため場違い感が半端じゃなかったですけど,すごく快適に過ごすことができました。まさに非日常という感じで雰囲気は最高ですので,リラックスして過ごすことができるかなと思います。

 

おすすめ記事