ANAマイルの猫

マイルで人生はどう変わるか。まったり楽しんでいきます。

海外空港で飛行機が遅延したので振替便に乗ることになった体験談

170517 海外空港で飛行機が遅延したので振替便に乗ることになった話

どーも,ルールです。

飛行機に乗る機会が増えると,様々なトラブルに見舞われることもあります。飛行機を安全に飛ばすためには,天候は大きな要因です。また,国際線では世界中に路線がありますので,どこかで発生したトラブルを解消するためのしわ寄せが,機材繰りという形で別の場所に発生して,遅延や欠航は避けられないこともあるでしょう。

いつかは僕も経験するだろうと思っていましたが,これまでは幸運にもそこまで大きなトラブルはありませんでした。しかし今回,僕にとって起きて欲しくないタイミングで遅延による飛行機の振替が起こってしまいました。結果,楽しみにしていた夢の実現の1つを持ち越すこととなってしまいましたが,良い経験ともなりましたのでお話させてください。

 

待ちに待った帰国の日!空港で僕を待っていたのは…

タイ航空の関西ーバンコク線は,昼便と夜行便の1日2往復運航しています。僕の場合,夜行便のエコノミークラスでは疲れがとれませんので,予約時は極力,往復ともに昼便を選択しています。

搭乗予定だった復路のTG672は,スワンナプーム空港を8:25に出発するA380での運航でした。A380のエコノミークラス2階席がおすすめであることは以前ご紹介のとおりですが,世界最大の旅客機であるA380のビジネスクラスを体験するというのは,叶えたい夢の1つでした。

そんなとき,たまたま手にした航空券がアップグレード対象の予約クラスだったことから,同僚に根回ししたうえでアップグレードを実行。出張中の8日間は,夜勤もありつつの結構ハードなスケジュールでしたが,「最終日にA380のビジネスに乗れる!」というご褒美を胸に,乗り切ってきました。

当日は早朝4時に起床,5:00にはホテルをチェックアウトして,手配していた空港リムジンで空港へ向かいました。渋滞が深刻なバンコクですが,さすがに早朝はガラガラです。6:00には空港へ到着しました。

ウキウキしながら,タイ航空のビジネス・ファーストクラス搭乗者だけが利用できるチェックインカウンターへ。すると,衝撃の事実を伝えられたのです。

飛行機が飛ばない!?そんなときどうするの?

グランドスタッフさん(以下,GS)「本日,関西空港行きのTG672便は,機材がないので定刻の出発ができません。」

僕「えぇぇ…じゃあ出発は何時になりますか?」

GS「現時点ではわかりません。昼過ぎに出発できるかもしれないし,機材繰りができなければ欠航になるかもしれません。」

なんということでしょう!大幅な遅延が発生してしまいました。原因は結局よくわかりませんでしたが,機材繰りがうまくいかなかったみたいです。しかも欠航の可能性すらあるとのこと。

幸いなことに,翌日からゴールデンウィークだったので,仕事を気にする必要はありませんでしたが,頭の中は真っ白です。とりあえず,エコノミークラスのカウンターに並んでいた同行者を電話で呼び,相談することにしました。

皆さんはこういったとき,慌てないでくださいね。まずGSさんより,振替便をいくつか提示していただけるはずです。急いで帰国しなければならない場合を除けば,すぐに決断しなくても良いのでじっくりと考えてください。状況は刻一刻と変化していきますので,時間が経過するとより良い案を提示してもらえることもあります。

実際,その場にいた数名の方とお話しましたが,昼過ぎには飛ぶはずだからもう少し待ってみるという方もいれば,粘った結果,ANA便の羽田行きに振り替えてもらった方もいたようでした。

僕に提示されたプランは,

  1. TG672便が飛ぶかどうかわかるまで空港で待つ
  2. 10:45発名古屋行きB787→大阪まで地上移動
  3. 08:00発香港行きB777ー乗り継ぎ→関西
  4. 10:35発羽田行きB747ー乗り継ぎ→伊丹
  5. 23:30発関西行きB747直行便

の5つでした。一人旅であれば,遠回りしてもいいからA380に乗りたいとお願いしていたでしょう,そのために頑張って仕事してたんですからね笑。しかし同行者がいるため,この時点でA380に搭乗することは諦めざるをえませんでした。そうなると,僕は2以外だったらどれでも良かったんですが,同行者数名の希望があり,5を選択することにしました。

振替便に変更した結果,協力金という形で4,500バーツ(約15,000円)いただきました。A380は世界最大の旅客機ですので,ある程度の搭乗率以上だとA380以外では出発できません。しかし,ある程度の方が振替に協力して,TG672に搭乗する乗客が減れば,別の機材に変更して出発することができるようになります。

170517 TG672フライトスケジュール

flightradar24で確認してみたところ,最終的にこの日のTG672は,約4時間遅れでA380→B747-400に機材変更して出発できたようです。結果だけみれば,早く帰るためには1を選択するのが正解でしたが,お腹が減ると不機嫌になるという面倒な同僚がいたので,5を選んで良かったと思っています笑。

 

航空会社責任の場合はホテルを手配してもらえることもある

振替便が決まった時点で時刻は午前8時頃だったと思います。23時まではかなりの時間がありましたが,今回のケースでは,機材の手配がつかないという航空会社責任による振替だったため,タイ航空よりホテル(3食付)を手配いただけました。

170517 Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airportロビー

手配してもらったホテルは,Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airportというアコーホテルズグループのホテルです。スワンナプーム空港のすぐ裏にあり,到着ロビー4番ゲートから無料のシャトルバスが出ています。地下通路を通って徒歩で行くことも可能で,徒歩でも10分かからないくらいの好立地です。

Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airportは,何時でもチェックインすることができ,1泊の料金で24時間滞在できます。トランジットには最適なホテルですね。

170517 Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airportスーペリアキングルーム入口

滞在した部屋は,スタンダードな34㎡のスーペリアキングルームです。

170517 Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airportスーペリアキングルームベッド170517 Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airportスーペリアキングルームテーブル170517 Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airportスーペリアキングルームテレビ

スタンダードでも十分な広さで,大満足です。これだけ広いと,スーツケースも全く邪魔になりません。あと,水のペットボトル2本が無料でした。

170517 Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airportスーペリアキングルームバスルーム

バスルームからは,ガラス越しに部屋を見ることができます。こういうタイプの部屋って最近よく見かける気がします。流行りなんでしょうか。

170517 Novotel Bangkok Suvarnabhumi Airportスーペリアキングルームシャワーブース

トイレの横には独立したシャワーブースもあって,贅沢な感じです。せっかくなので,シャワーを浴びつつ湯船に浸かって,両方とも使ってみましたよ。

ホテルに到着後は,各自自由に過ごすことにしました。僕は飛行機の写真でも撮りに行こうかなと思ったんですが,バンコクに行きたいという同僚がいたので一緒に電車(エアポートレールリンク)で行って,マッサージを受けました。なんだかんだであっという間に夜でしたね。

 

まとめ

僕にとって初めての飛行機の大幅遅延は,海外空港で起こりました。かなりテンパってしまいましたが,タイ航空のグランドスタッフさんには丁寧に対応していただき,別な便に振り替えることができました。

その後は気持ちを切り替えて,タイ航空での初めてのビジネスクラスを楽しむことができました。空港では本拠地空港ならではの地上サービスを堪能できましたし,

機内では,ボーイング747の2階席を体験することができました。

飛行機の遅延や欠航が発生してしまった場合は,落ち着いてグランドスタッフさんと話をしましょう。どんな理由で発生したのか(天候などの不可抗力?機材繰りなどの航空会社責任?),飛行機を振替する場合はどんなルートか,待ち時間はどこで過ごすか(ホテルや食事を手配してもらえるか)など,確実に状況を把握していきましょう。

もし不可抗力による遅延や欠航で,航空会社からは何の補償も無かった場合はクレジットカードの航空便遅延補償のことを思い出してください。条件に当てはまれば,食事代や宿泊代などを補償してもらえます。のりさんの下記記事が詳しいです。

今回,ホントはA380のビジネスクラスに乗るはずだったのに…という悔しさもありました。でも,遅延による振替という貴重な体験をさせてもらえたわけですから,焦らず次の機会を待ちたいと思います!

おすすめ記事